世界で一番平和なところ

NEWSをすきになりました(@uq2aa )

まっすーこと増田貴久さんの色気が溢れ出て止まらない問題について

 

増田担として生まれ落ちたからにはこれを書かないことにはお役目を果たせないでしょう!!??どうなの!!??

 

去年の2月の自分は増田さんがNEWS界隈で「増田さん」あるいは「増田様」と呼ばれているなど露知らず、「まっすー 色気」「まっすー エロい」で検索かけてたヤバい奴でした。なんでこんなに色気を感じるのにあんまりヒットしないんだ…って絶望していたあの頃。大丈夫、「まっすー 色気」で来たあなた。お仲間です。

もともと大切に隠し持っていた色気が、2016年の秋頃を境に前髪の分け目から大量に放出されるようになりました。お正月のEMMAのお披露目では、除夜の鐘でなくなったはずの煩悩が秒で戻ってきたから。おかえり、煩悩。

煩悩系アイドル増田貴久。

頭のてっぺんから足の先まで増田さんの色気について検証してみましょう。

しかし私も増担ですから、最後まで正気かどうかはかーなーりーあやしい。

 

 

男の色気ってなあに?なんで色気を感じるの?

さっくり2つにカテゴリー分けすると、男性ホルモンの働きによる部分と、余裕や経験値など内面的な部分に分けられるかと思います。

男性ホルモンはアンドロゲンとも呼ばれ、3種類(免疫・筋肉・毛)に分類されます。私たちが普段「男性ホルモンが〜ひ〜〜」と話す内容はアンドロゲンの中でもテストステロンというホルモンによることが多いです。このホルモンが筋骨隆々の逆三角形の身体をつくり、低い声をうみだし、外見的な男性らしさの元となっているのです。(久しぶりに教科書ひっくり返したから間違ってたらおしえてくださいね)

 

 

1.低い声

まっすーといえば「声」!低い声。たまに恐ろしいほどのイケボを吐く。あまりのイケボに一瞬「!?」って間があってから「ひゃ〜〜〜〜!!!」の黄色い声が聞こえることがある(マジ)。ジャニーさんが「Youの声面白いね!」と言ってくださった天性の声。そして優しい声。羽毛布団か綿かそのへん。

これはテストステロンの現れ。低い声は女性に対する飾り羽根の役割かと思いきや、最近の研究では男性に対しての威嚇効果(というかアイツすげえヤツじゃんイメージ効果)があるらしい。*1もちろん女性が魅力を感じる効果もある。男性は女性の声をあまり気にしないのに対し、女性は男性の声に影響をうけやすい。「女性は耳から恋に落ちる」なんて言いますし。

二次出のNEWSファンがなかなかの勢いで増田さんに吸い込まれていくのは、声によるところも大きいと思う。いい声好きでしょ?馴染みがあるでしょ?私もだ。「テゴマスの青春」の「innocence」のはじめとあの部分なんて何度繰り返したことか…。

 

2.ぷるぷるの唇と舌

多くは語りますまい。色気がたっぷり。自重。「名前+唇」「名前+舌」の検索でいかに愛されているかが一目でわかる唇と舌。うらやましいほど血色がいい。上唇がちょっと上に向いていて見える面積が大きいのが、あかちゃんの唇に似ていてかわいさも醸し出してると思っている。アヒル口というかニャンコ口というか…

 

3.喉仏と太い首

 やっぱりあれかな、種の存続的に自分とは異なったものに魅力を感じるとか、思春期の女の子がお父さんの匂いが嫌いになるのは遺伝子が近いからとかの類かと思う。

女性にはなかなかない太い首、骨っぽい喉仏。力を入れると浮き上がる胸鎖乳突筋。ふとした瞬間に見える血管。増田さんの場合は彫りの深い横顔、綺麗な後頭部、もみあげと一緒に見ることができます。少年倶楽部プレミアム2017/4月回の喉仏は至高。

 

4.厚い胸板

増田さんと言えば、ちょっとかわいらしいタイプのお顔と厚い胸板のギャップ。そんじょそこらの女子よりも豊満なおっぱいをもっていらっしゃいます。C…いや…アンダーとの差で考えるとカップとしては大きくなくとも質量としてはかなりのもの。ありがたいおっぱいです。

厚い胸板はテストステロンのなせる技。男性らしい肩幅を形成する骨格と筋肉量がバランスよくあってこその厚い胸板。

そしてジャニーズの男性は良くも悪くも王子様体型でなかなか身体が薄いことが多い。そんな中でのこの胸板は急に現実の男性を思わせ、増担だけでなく女性のハートを鷲掴みするのです。3歳からの水泳の賜物。継続は力なり。

過去ゼウスの芸人vsジャニーズのレスリングやローリングゼウスでは上半身裸で闘う「男☆増田貴久」を見せ、2016年上半期に放送された変ラボでは見事な飛び込みと水泳姿を披露しています。*2

 

5.骨ばった手と腕の血管

これもテストステロン…。テストステロン値高めなんだ。骨ばった手は男性ホルモンが多いということだし、腕の血管が発達しているということはそれだけの筋肉量がある、つまり強い男性だと思って魅力を感じているわけだ。

 

6.柔らかい腰

ダンスが好きだと言う増田さんですから、きっとストレッチとかきちんとやってるんだろうなあ…。なんというか股関節の可動域がすごく広い。立ち姿が様になるし、ちょっとした一歩が恐ろしくかっこいい。EMMAの足の動きのかっこよさよ!

筋肉質な男性はたくさんいるけれど、増田さんの体の場合、筋肉質なんだけど柔らかさとしなやかさがあるのがとてもエロい。

思ってた腰と違うって?流石に言えませんから今度ごはんに行きませんか?

 

7.清潔な爪

 爪フェチなんです。ごめんなさい。爪フェチなんです。

増田さんの爪は手の爪も足の爪もいつも(といっても足の爪は本当にたまーにしかお目にかかれない)とてもきれいに切りそろえられています。

爪が短い男の人って大事に扱ってくれそうだし、清潔感があるし、ご両親がすてきそうだし、ちょっとくらいまあいいやってなりやすい部分だからこそマメさが垣間見える。同じ理由で革製品をずっと使い続ける男性も物をなかなか捨てない男性もすき。増田さんに対してキュンとする心は、増田さんが物を大切にしていることに対するキュン心。だからマイクになりたくなるんだな。

 

8.漢気

いくら外見が男らしくてもそれだけでは魅力的な男性とは言えません。外見的な魅力を支える熱い思い!そう!パッション!!!たまに溢れる漢気によって「ああ…すき…」と相乗効果となっていくのです。

やっぱこの子達を守ってあげなきゃ!って俺らは思う*3

あとは全世界のゾンビをたらしこんだこちら。

彼女連れてる感じゃないけど、こいつを置いてっちゃダメだ*4

ああ…すきだなあ…(しみじみ)

 

 

 

ぱっと考えただけでこんなに男性としても魅力的なアイドル増田貴久さん。声フェチ、手フェチ、血管フェチ、喉仏フェチ、筋肉フェチ、胸板フェチとなかなか主要部分のフェチを網羅している増田さんが魅力的でないはずがないでしょう!!

色気の扉こと前髪はいつまで今の状態でいてくれるのか。色気はいったいいつになったら収まるのか(そんな日は来ない)。

なんでもカッコよく見える病ですが今後も見守り応援していきたいと思います。

 

 

細胞レベルで 、してる??///

してるーーーーー!!!!///

 

ちゃんちゃん♪

 

 

 追記 2017/05/23  美的となんで増田さんにキャラがないなんて言われたのかの話

 


で、美的ですよ。噂の。美的7月号です。見ました?ねえ?


水に濡れた前髪。隙間から覗く目。涙袋。やや上目遣いで口角だけあげてどう?って聞いてるみたいな笑み。影が浮かび上がらせる骨格と筋肉。肌の質感。腹直筋と前鋸筋と腹斜筋のバランス。あの4つの筋肉は前鋸筋?いや、でもお腹の中心始まりだと腹直筋→外腹斜筋→前鋸筋→肩甲骨だから、腹斜筋をはさまず前鋸筋にはいかないはずだからあれは外腹斜筋?伸ばしている右手の上腕三頭筋(にのうで)と前腕筋群。曲げている左手のちょっと隠れた上腕二頭筋(力こぶ)。豊かな三角筋。広い背中。体の前面から見える広背筋。血管の浮き出た腕と手の甲、指先の水滴。あまり見えない表情。


……えっちだ…。


増田さんのことをちょっとぽっちゃりとか熊さんとか思ってる人に美的を見せてお前こんなえっちな熊さん見たことあるんか?って聞きたい。この紋様が目に入らぬか〜〜!!!ってやりたい。控えよ控えよ!NEWSの増田貴久公であるぞ!!ってやりたい。男性たちにこれが女性の求めるいい身体ですと言ってモデルとして提示したい。

 


増田さん、今回の美的で何をするか、最後まではっきり言わなかった。2年間くらい断り続けてたけどついにやったよ!楽しみにしててねー!って普段通りのかわいい感じで宣伝して。
ファンはもちろん感づく。考える。え、脱いだ?まさか?そう言われるほど増田さんは脱いでこなかった。そしてそのうちに美的側から「トレーニング方法」という単語が出る。あ、これ、水泳だ。と全員が気づく。
私は正直、黒い帽子をキュッと被って、ゴーグルをした変ラボの時の膝までの水着を考えていた。泳いでる姿がメインで、よければ息継ぎショットがあったりして、一枚だけでも帽子脱いでくれてたらうれしいな〜もにょもにょ…なんて思っていた。


嘘。大嘘。

本当はすごくすごく期待していた。でも、期待したら、そうじゃなかった時にちょっと切ないから、期待してないフリをしていた。

 

バレてた。そういうの多分全部バレてた。
きっと、2年間くらい断ってたことを…って明かした時点で脱ぐ予想を立てることも、トレーニングって聞いて水泳だと気づくことも、いつもの感じだとどこまで見せるって思われてるかも、きっと全部お見通しだった。敵うわけない。増田さんには本当に敵わない。もうだめだ、全面降伏だ。
全部見通した上で楽しみにしててねー♡って…。ずっと断ってたって聞いて、脱ぐって予想立ててるの?…って(言ってない)。なにするんだと思う?(言ってない)って上手くこっちの頭の中のあれやこれやを表に引きずり出してくる。そしてそれを全部超えてくる。
何なの?現代の世阿弥なの?
ああ、これ、完全に転がされてるなって思うけど、全然嫌じゃない。ずるい。アイドル増田貴久はすごい。もう、ずるいよ。

 


あと、今回増田さんのパーツについて考えていて、あれ?と思ったことがあって。増田さんって、人が嫌いそうなポイントに特徴をもってないのかなって思ったんです。本当に、恐ろしいほどに。清潔感とか、礼儀作法とか、声とか、食べ方とか、そういう引っかかりやすい部分に引っかかりがない。
増田さんが好きなんだって友人に伝えた時に、いまいち伝わらない感覚ってありますよね?「増田さんのどこが好きなのかはっきりしない」「よくわからないけど好き」ってやつ。自分自身もそう答えたことがあって。コンサートをみれば、一撃必殺の自信はあるんですけど、ジャニーズのコンサートを目にする機会は興味がなければ本当にそうありはしないし。街中で動画を見せるわけにもいかないし。だから、増田さんの魅力はなかなか伝わらなくって。

そんな中で今回上から下まで外から中まで考えていたら、もしかしたら増田さんは「人に嫌われる要素を持たないタイプ」の人なんじゃないかって思ったんです。ちょっと嫌だなって感じる部分って、人によって様々細かくあるし、割とウリの反面がいやだなって感じるポイントになったりすると思うんですよ。素直が子供っぽいになる、みたいな。だけど、増田さんの場合は、ほぼすべての要素が「適当」の中に入って来る。外見から立ち居振る舞いから全てがなんとな〜くいい感じ〜くらいの「適当」の幅に入っているから、差異がうまれなくて、結果的に「(どこが抜きん出てるかと言われると全部同じくらいいい感じだから)はっきりしないけど、好き」になる。そして、ぱっと見キャラがないとか、「(歌とかダンスとか見れば一瞬で伝わるんだけど、言葉であらわせって言われると)よくわかんない」になっちゃうんじゃないかなって。

長くいればいるほど、生活に浸透すればするほど、顔を見る頻度が上がれば上がるほど、好かれる。持ちたくて持てるものではない、アイドル性なのに。
好感度ランキングにも入ってきたのも納得。見てて嫌な気持ちにさせないんだもん。安心感がある。にこにこしていて、人が好きそうで、近寄っても大丈夫かなと思わせる。


そして好感度が上がって近づいてきたところで、突然放出される男性としての色気。気がつくと足を踏み入れていた沼。いつの間にか見えなくなった出口。ふと訪れる、今までのこれ全部掌の上で転がされていたんじゃ…と気づいてゾクッとする瞬間。
これはやばい。30代の増田貴久はやばい。満を辞して増田さんの色気が世に解き放たれる時がきてるのかもしれない。

 

去年の春に起こった「です。」ガール時変。StylistなのかSuper idolなのか、増田さんは何のSなのか、少なからず考えた。あんなに魅力的なのに、いいところがたくさんあるのに、なんで伝わらないんだって思って悔しかった。

だから、変ラボ後から起こった、前髪が伸びたり、年相応が見え隠れする変化に、もしかして、NEWSのSはSexyのSなのかな…と思ったりした。30歳だしいっかー!と勢いだけで脱ぐとは思えない。もしかしたら、1年くらい前から、考えていたのかもしれない。窺い知れないけれど、増田さんの中で、内外の色んな条件とタイミングを見た上で今だったんだろう。


いや、でも、きっとまたすぐにSexyは隠される。深く深く何重にも鍵をかけて、海の底。危険だから。それでいい。それがいいんだ。「その時」まで隠せる、時を待てる、それが増田さんのもつ最大の色気だから。

 

 

(2017/07/25) あ、最後に、噂の美的、これです。

 

f:id:uq2aa:20170725023327j:image 

 

*1:Davit A.Puts,Sexual selection on male vocal fundamental frequency in humans and other anthropoids: The Royel societyB biological sciences

*2:美的7月号も楽しみですね

*3:少年倶楽部プレミアム2017年4月KAT-TUN中丸さんとのトーク

*4:2016年夏に放送された変ラボ24時間耐久SP